やけどの広場に戻る


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

皮膚科?形成?

1 :pooh : 2005/03/08(火)18:03
四ヶ月前に広範囲の火傷をし、総合病院の皮膚科で治療を受けています。入院中に形成の診察を受け、植皮の必要はないとのことで、そのまま皮膚科で治療してきました。一番ひどい左上肢は赤みがとれず、盛り上がりもあり、ひきつれもでてきています。皮膚科は火傷の専門ではないので形成を受診したほうが良いとの話を聞き、このまま今の治療を続けていいのか不安です。皮膚科と形成の治療内容は違うものなのでしょうか?




2 :michele : 2005/03/08(火)19:02
poohさん、はじめまして。

私は、医療関係者ではありませんが、経験から申し上げますと、
皮膚科・・・薬を使用した治療。
形成外科・・・外科的手段(手術)を用いた治療。
だと理解しています。

辞書(大辞林)で調べてみますと、
皮膚科・・・皮膚およびその付属器官の疾患を扱う医学の一分科。
形成外科・・・欠損部の補綴(ほてい)、醜形の美化を、皮膚移植をはじめとする
手術的方法によって行う医学の分野。広義には、美容外科も含む。
とありました。

気になるようでしたら、一度形成外科で診て貰うのも良いかと存じます。
それでは。




3 :pooh : 2005/03/09(水)23:53
現在治療中の方々は皮膚科・形成どちらで治療しているのでしょうか?どんな経過をたどっているのでしょうか?micheleさんはどっちで治療されたのでしょうか。とにかく痕を残したくありません。




4 :michele : 2005/03/10(木)12:47
こんにちは。

どちらで治療を続けるかは、向き不向きがあるように思います。
例えば、ケロイド体質のbodyは形成外科治療は不向きです。

どのような経過を辿るかは、個人差があるので、分かりかねます。

私の場合は、両方で治療しています。
最初の治療は、形成外科で植皮しました。
その後、皮膚科に10年以上も通い、昨年は形成外科で治療しています。
今年も形成外科での治療を希望しています。

長年皮膚科に通っていましたが、所詮、塗り薬や貼り薬はそれだけのことしかできませんし
かなりの忍耐力が必要です。
私の場合、はっきり言って、時間とお金の無駄遣いでした。
今考えると、親の自己満足の犠牲になっていました。
昨年形成外科を受診したのは、瘢痕をなくしたかった為です。




5 :プクムク : 2005/03/11(金)18:28
おじゃまします

私は移植しないと死んでしまったので論外なのですが、外科的治療(観血的治療)以外でも
形成外科の担当になりますよ。「皮膚科は火傷の専門ではないので形成を受診したほうが
良い」というのは、皮膚科の先生ではないのですか?私の入院中運ばれて来た人は、手術は
しませんでしたが担当は私と同じ形成の先生でした(皮膚科も同じ病棟でしたが)。火傷に
あった軟膏とかは、形成の先生に出してもらった方がいいと思います。
ホームページのある病院では、診療科の紹介で「新鮮熱傷」という人がいたら、是非に…。




6 :匿名希望 : 2005/03/12(土)22:33
御返事ありがとうございます。皮膚科は火傷専門ではないといっていたのは、
形成のDrです。近くに火傷にいいといわれるDrがいるのかどうかわからず、ネットで調べても、なかなかみつからず・・・他人のせいで受傷。しかも腕のほかに背中・カオ・あし・首・・・腕以外は赤黒さとシミになっています。このままでは一生 
人前にだせません。今の医療の限界まで綺麗になおしたいんですが。





7 :プクムク : 2005/03/16(水)20:51
こんばんは

形成の先生でも「火傷専門」というわけではありません。形成外科は担当範囲がかなり
広いですからね。もしかしたら、火傷を1回も扱っていない形成の先生とか、いたりし
て…。でも、一度行ってみた方がいいのではないですか?
赤みのある火傷痕ですが、時間が経つと(数年ということもあります)消える場合もあ
りますよ。私の場合極端で、移植しないといけない程ひどいところはひどいのですが、
それ以外のところは全く火傷の痕にはなっていないんですよね。不思議です。どうして
も直に見ていないので何も言えませんが、時間をかけたほうがいいのは確かです。

私は顔中つぎはぎだらけで耳たぶもなくなってしまいましたが、今日も面接に行って
来ました。頑張って下さいネ。




3 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :