やけどの広場に戻る


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

大火傷を負ったガールフレンドについて

1 :いちはし : 2006/03/31(金)00:15
はじめまして。初めてご相談させていただきます。
3ヶ月ほど前から、縁あってある女性とお付き合いをさせていただくことになりました。
彼女は4年前、交通事故によって頭部から両腕先まで大火傷を負い、今でも顔面全体に
ケロイド状の跡が残っています。

私は彼女に心底恋をし、できれば一生の伴侶としてそばにいてほしい気持ちでいっぱいです。
しかし、初めは喜んでいてくれた彼女も、最近少しけんかになれば「私に同情しただけなんでしょ?」
「こんな顔の女を好きになる男なんているはずない」と言い、そして事あるごとに「死にたい」
と口にします。

私は今まで大きな火傷を負った事がないので正直、大火傷を負った方々のお気持ちは分かり得ませんし、
それを敢えて「分かる」と言う気もありません。心底「かわいそう」と思っているのも事実です。もっと
はっきり言ってしまえば、「なんでこんなに傷がある人を選んだの?」と周りから思われる事もあるだろ
うとも思っています。

しかし、私が彼女に恋をした理由はただひとつ、彼女が「好き」だからに他なりません。どう思われても
かまわないし、彼女の傷跡だってかまわないんです。今の彼女が好き。
火傷を負う前の彼女を好きになっていたかどうか、分からないんです。

彼女に「死ぬ」と言われたとき、どう対処したらよいのかが正直分かりません。
「私の顔が気持ち悪いと思っているんでしょ」と言われたとき、何度そうではないと言っても分かってもらえない時、
敢えて「じゃあ好きにしろ!」と突っぱねることが果たして本当に良いことなのかどうか・・・。
いずれ、なんとか最善の答えを見つけられると良いとは思っていますが、そんなに簡単に見つかるものでもないと思っています。

これから少しずつ、皆さんのご意見をお聞きしながら良い対策法を見つけたいと思っています。
このような投稿をするのは初めてなので、文章がおかしくなってしまったことをお詫びいたします。

どうか、よろしくお願いいたします。





2 :いちはし : 2006/03/31(金)01:53
時間がたって自分の投稿を読み直してみると、これでは何が言いたいのか良く
伝わらないのでは、と思い始めましたので、再度投稿させていただきます。

独り言の連続投稿みたいになってしまって、大変申し訳ございません。

私が今、一番悩んでいるのは、けんかして彼女が「死にたい」「同情だけでしょ?」
などと言ってくるときに、私がどうやって反応すればよいのか、ということです。

正直、私の中には「何を言われても親身になってそばにいてやりたい気持ち」と、
「火傷の事実と向き合ってもらうために、敢えて突き放したい気持ち」が葛藤しています。


何を言われても親身になってそばにいてやりたい理由

1.彼女が好きである。
2.自分には大火傷の苦しみが分からないので、せめて彼女のわがままを聞いてやりたい。
3.自分が何でも聞いてやることで彼女が少しでも救われるのならそうしたい。
4.突き放したときに本当に死なれたり傷つけられたりするのが怖い。


火傷の事実と向き合ってもらうために、敢えて突き放したい理由

1.元はと言えば、彼女の無謀な速度超過による単独事故が火傷の原因である。
(冬の凍結した道路で、「加速感を味わいたかった」という身勝手かつ軽率極まりない理由による事故。急がなければならない理由などなかった。)
2.将来的に結婚しても、自分や親が24時間365日一緒にいてやれるわけではない。
3.できれば、火傷の事実とうまく向き合って人間的に自立してほしい。
4.できれば、堂々と買い物や散歩を楽しめるようになって、普通の人の幸せと同じものをつかんで欲しい。
(現在、彼女は極端に外出を嫌がり、また外出せざるを得ないときでも帽子、サングラス、マスク、手袋は欠かせない。)

他にも挙げようと思えばどちらの理由もあげることができますが、大まかにはこんな感じで悩んでいます。
火傷を経験した方、また火傷をされた方が身近におられる方、いろいろな方のご意見を伺いたいです。




3 :なご : 2006/04/01(土)17:50
はじめまして。
いちはしさんは、すごく誠実な方ですね。書き込みを読んで感動しました。
しかも火傷に偏見を持っていないようでとてもうれしいです。

大事なことをすでに知っていて、行動もしてらっしゃるようですから、
それだけですごいというか十分です。
あえて答える必要がないような、というか思い当たらないのですが、
親身になってそばにいることも、敢えて突き放すことも必要な気がします。
すみません答えられなくて、また気がついたら書き込みますね。




4 :ひな : 2006/04/01(土)20:42
はじめまして。
わたしの憶測に過ぎないのですが、「私に同情しただけなんでしょ?」
「こんな顔の女を好きになる男なんているはずない。」という彼女の心の中は、
それを否定してもらいたいという気持ちでいっぱいのように思えます。
「そんなことないよ。」と言い続けてあげて欲しいです。
「あなたに恋をした理由はただひとつ、あなたが「好き」だから。」
「どう思われてもかまわないし、あなたの傷跡だってかまわない。今のあなたが好き。」
と、今は彼女に何度でもそれを伝え続けてあげて欲しいです。
彼女は不安なのだと思います。いちはしさんの気持ちが彼女の支えになると思います。
やけどの原因を反省したり、外出を楽しんだり、自立したりするのは、次のステップでいいと思います。
まずは、彼女の不安な気持ちを受け止めて、少しでも安心させてあげてください。
そのほうが彼女が自ら克服できる手助けになると思うのです。




5 :匿名希望 : 2006/04/01(土)20:58
僕の推理によれば、彼女の悪態は貴方を失いたくないと思う気持ちからですね。
いつ貴方に別れを告げられるのかという不安でイッパイなのではないでしょうか!?
もしも貴方が本気で彼女を好きなら、(サンプル)→「僕は貴女を好きなので、地獄の底まで付きまといます(^_^)v」
と言ってはどうですか?

ところで、出会ってからたったの3ヶ月で結婚したいほど好きになるというのも、軽率な気がします。
これは、彼女に重度の火傷痕があることとは無関係のことです。
日本でも離婚は多発していますが、一時的な恋愛感情で結婚をすると破局が待ってます。
サンプルのセリフも、よ〜く考えて責任を持って言いましょう!!

火傷痕がある人に偏見を持たずに交流して下さるいちはしさんに感謝します。m(__)m




6 :いちはし : 2006/04/02(日)01:25
なごさん>
ありがとうございます。まだまだどうしたらいいのか分からないところばかりですが、
どちらもバランスよくできたらいいなぁと思っています。正直、今の私は何とかしよ
うと力が入りすぎていて焦ってしまっているのかもしれません。もっと気長に、ゆっ
くり構えてやっていこうと思います。

ひなさん>
ありがとうございます。一生懸命愛情表現しているつもりですが、やはり自分の照れ
もあって完全ではないのかもしれません。また、早く立ち直ってもらいたいとの気持
ちが先走ってしまう部分があります。私の自分勝手さですよね・・・。

あまりしつこくなってはいけないと思ったり、また彼女のご両親からも「あまりわが
まま過ぎる事があれば少し厳しくしてやってください。」と言われている事もあって
突き放したほうがいいのかな、と思うときもありますが、もうしばらく、彼女の真意
が理解できるようになるまで、温かく見守ってやりたいと思います。

匿名希望さん>
お返事ありがとうございます。ちょっと照れくさくてそこまでアツイ(笑)台詞が言
えるかどうか自信がありませんが、彼女のお誕生日とかそういった時にキザってみる
のもいいかもしれませんね。

私たちは付き合いだして3ヶ月目ですが、実は彼女と知り合ってからは2年が経って
います。彼女は私の友人の妹です。音楽の趣味が一致したことをきっかけに、友人宅
へ遊びに行くたびに話をする仲になり、私は1年ほど前から恋愛対象として彼女を見
るようになりました。気持ちを告白してお付き合いさせてもらえるようになるまで、
3ヶ月ほどかかりました。

やはりネックは火傷のこと、それから彼女が火傷する前に付き合っていた男性の事で
できた心の傷でした。彼女が火傷をして入院して間もなく、他の女性と付き合うといっ
てふられた、というものですが、彼女のコンプレックスがそれによってさらに大きな
ものになっているのかもしれません(彼女は現在心療内科も受診しています)。

彼女の中で「また振られるんじゃないか」という不安があるみたいなので、なおさら
優しい言葉をかけ続ける事は必要なのかもしれません。また彼女なりにがんばって、
心身の傷と立ち向かおうとしている(頑張って鏡で自分の顔や体を見つめてみようと
しているなど。肉体関係も彼女の方から求める事ができるようになりました。)のが
分かるので、やはりどんなに投げやりな言葉を投げつけられても、辛抱強く受け止め
てあげたいと思います。




7 :匿名希望 : 2006/04/02(日)23:07
2年前からの知り合いだったり、1年前から彼女を想っていたのなら、
彼女への感情は一時的ではないですね!
それなら、僕もお二人の結婚を許可します。(偉そうな僕って何様?(~_~;))

僕が今心配している事は、貴方達が結婚して子供が生まれた場合、
その子は必ず、母親の火傷痕のためにイジメに遭うということです。
それだけは、彼女ともよ〜く考えてください。

彼女を捨てた前の男は、僕が責任を持ってサラシ首にしておきます!!(笑)




8 :半ちゃ : 2006/04/05(水)15:35
私は火傷が理由で2人の男性と別れました。
でも、本人の意思ではなく、男性側の両親が「火傷を持つ女性ではなく、もっと普通の女性だっているじゃないか」「火傷を持つ女性と一緒になったときに、親族やご近所になにを言われるか・・・」という理由からでした。

結婚を決めるのはお二人でしょうが、結婚後、周囲の目にどのように対処をしていくのかは考えておいたほうがいいと思います。

彼女さんも不安でいっぱいなのでしょうが、不安なことを一つ一つクリアーしていければ、ずっと一緒にいられると思います。
今はまだ4年と月日も浅いので不安が先行しているのかもしれませんが(私がそうでした)、もっと時間をおけば今の火傷をした「自分」が受け入れることができろうようになると思います。
焦らずに、のんびり・ゆっくりと彼女との時間を持ってください。

世の中に、いちはしさんみたいな男性・女性がもっと増えてくれるといいんですがね^^;




9 :なな : 2006/04/05(水)23:52
ホント、うちの娘の事もいちはしさんみたいに
思ってくれる男性にめぐり合えたら・・・・。と思います。
20年後、30年後娘が結婚を意識するようになる頃
やけどの痕が少しでも、目立たなくなっていることを
願っています。




10 :匿名希望 : 2006/04/06(木)06:03
いちはしさんのように真剣に思ってくれる人がいる彼女は幸せ者ですね。
とても素敵な女性なんでしょうね。

私は付き合って数年経ってから火傷を受傷したので状況が異なりますが、その時に彼氏からもらった言葉の中で
「70歳80歳のお婆ちゃんになってシワシワのシミだらけになっても君と一緒にいたいと思っているんだから、今容姿が悪くなったって何のことは無い、びびるな」
ていうのは妙に納得できたし、嬉しかったです。
何かのヒントになればいいなあと思ってカキコしました。




11 :匿名希望 : 2006/04/17(月)00:33
初めて書き込みします。
私は、やけどのせいで、もう一生恋なんて出来ないんじゃないかと思っていたけれど、
いちはしさんみたいな方もいらっしゃるんだな。と、勇気がわきました。
ありがとうございます。




12 :はなこ : 2006/05/17(水)00:17
初めまして、私は生後8ヶ月のとき、顔にやけどを負いました。
原因はアイロンです。それも最も高温で・・・

皮膚も引きつり、赤い皮膚のまま中学生まで過ごしました。
それまで過ごした過程で、
幼少の頃から、やけどが原因で虐められ、いつも一人ぼっちで
いつも自分を悲観的にしか思えない自分と戦ってきました。

中学の頃、やはり火傷は自然に治りませんので
皮膚移植をし、現在に至っております。

皮膚移植手術を受けたからといって、
火傷の傷は消えることはありません。
現在は、特殊なファンデーションを使い過ごしております。

そんな私ですが、7年前より付き合っている男性と
去年、結婚しました。
普通にウエディングドレスをきて、記念撮影をしましたよ。

恋愛中、いちはしさんの彼女みたいに彼へ
「死にたい」「どうしてこんなブスと付き合っているの?」など
言ってしまった事もありました。

やはり好きでいてくれるのは嬉しいけれど、
いざ結婚して一生付き合うとなると、男性が逃げてしまうのでは・・・
という不安がありました。
今思えば、
彼の気持ちを確かめたくて、言ったのかもしれません。

今は、8月に生まれる赤ちゃんを待つママになっています。
お二人が無事に幸せになれるよう、お祈りします。





13 :ふるいち : 2006/05/17(水)04:51
いちはしさん
はじめまして。
素敵な恋をしていますね。
この掲示板に久々に来ましたが、こんな書き込みがあり思わず書き込んで
しまいました。

彼女が立ち直るのには相当の時間がかかります。
しかしもうきっかけはつかんでいます。
いちはしさんという自分を愛してくれる人の存在。
自分の一番の理解者。

立ち直るのには必ず必要な存在になります。
何度も同じ事をこれからも聞くでしょう。
いい加減にしろよと言いたくなるときもあるでしょう。

でも何度でも確認しないと不安なのはとてもよくわかります。

僕も自分の姿を受け入れるのには相当の時間がかかりました。

そして出逢いが大きく人生を変えていきました。

又ゆっくり書き込みますが。

彼女がいちはしさんのことを素直に聞き入れてくれるようになることを願います。

いくら好きでも否定し続けると、ここまで行っても自分を信じられないのかって
言うことにもなりかねないですよね。

いちはしさん
愛を実らせてくださいね。

僕は、やけどをしたって安心して歩ける世の中作りを目指しています。

やけどをしている親を持つと必ずいじめられると言うのは偏見そのものですね。

人の意識は変わっていくものです。

必ずいじめられるなんて決め付けるのもおかしな話で。

教育も変えていかなくてはいけません。

さらにそんな気持ちになりました。

又除きに来ますね。

僕のHPです。
http://www.furuichi-y.com" target="_blank">http://www.furuichi-y.com





14 :匿名希望 : 2006/06/13(火)21:47
いちはしさんのかきこみうれしいです。

わたしは全身やけどです。
うしろ向きな考えですみませんが、恋愛はあきらめてます。
いちはしさんのようなかたがいたら、、、ではなくて
自分自身がだめなのです。
むりです。

いちはしさんの彼女さんはいちはしさんがすきなのですね。
だからうまくいってほしいです。





15 :いちはし : 2006/07/28(金)02:57
皆さん、お久しぶりです。

今日は、ご報告をしにここへ来ました。

相談させていただいた彼女の件ですが、彼女が6月18日、自殺いたしました。焼身自殺でした。

いつか皆さんにご報告せねばと思いながら、今までここに来られなくてすみませんでした。
せっかく親身になって相談していただいたのに、僕は結局、彼女を守ってやれなかったです。

4月の半ばごろから、彼女が言う事は「死にたい」だけでした。5月に入って、何度か手首
を切ったりしたので、刃物などは全て取り上げ隠しました。そして、6月18日に、彼女の
親から携帯に留守にするから家に来てくれとの連絡あり、そして僕がトイレに入っている隙
を狙って風呂場でペットボトルの石油をかぶり火を付けました。ボンという音で何事かと駆
けつけると、彼女が火に包まれていました。急いで消火器をとり消し止めましたが、その後
病院で息を引き取りました。

彼女の部屋に僕宛と両親宛の遺書が見つかりました。こう書いてあります。
「りょうくん、ごめんね。こんな私を好きって言ってくれて、うれしかった。(中略)でも
りょうくんがどんなに好きでいてくれても、かわいいって言ってくれても、私がおばけである事は
かわらないじゃない?これから先、りょうくんを好きになる子が現れたとき、絶対私じゃかなわな
いし、りょうくんだって幸せになれないよ。もっとかわいい子見つけて幸せになって。(中略)
自分のせいでやけどして、おばけになって、バカだよわたし。助からなきゃよかった。きれいに
治る夢を見て、すっごいうれしくて、でも目覚めたら全然変わってない事にがっかりするのはもう
イヤ!わがまま言ってごめんね。もう辛いです。もう生きていけない。やけどが憎いよ。」

考えても、考えても、どうすればいいのか僕には分かりません。
僕の努力が足りなかったのでしょうか?
だからといって自分に火をつけた彼女の気持ち、どう理解したらいいのだろうか。

今でも本当に辛いです。でも、僕の相談に親身に乗ってくれた皆さんには、せめて
ご報告だけでもしなければと思い書き込みました。本当にありがとうございました。

皆さん、がんばって生きてください!お願いします。







16 :匿名希望 : 2006/07/28(金)16:43
精神科の医者は言いました。
「自殺する人は病気なのだ」と。

薬物中毒になったこどもを『愛』で救おうとして
救えなかった教師が医者に言われました。
「薬物中毒は病気だ。
病気が愛で治せないように、愛では治せない」と。


だから、いちはしさん。

あなたの『愛』も
彼女の『愛』も
決して自殺と結びつけないでください。

やけどしたことが自殺のきっかけであっても
寒い日に薄着で風邪を引き病気になる人とならない人がいるように
彼女は「不治の病にかかり命を落としてしまった」のでしょう。

彼女のご冥福をお祈りすると共に
ご報告いただいた いちはしさんに感謝いたします。




17 :匿名希望 : 2006/07/28(金)20:24
いちはしさんへ
彼女が受傷したのは不幸なことですし、自殺したことは悲しいことです。
しかし火傷痕が治らないのなら、生きている価値が無いと自分で思ってしまえば、
周囲がどんなに励ましても無駄なことです。
全ては本人の心が決めることです。決して、貴方が悪いのではありません。
大火傷を負って助かった人達の中にも、火傷痕に悩んで自殺する人は大勢いるそうです。

天国での彼女は元の美しい姿に戻り、苦悩から開放されています。
この事だけは貴方も喜んであげてください。

彼女は貴方が愛してくれたことに感謝し、貴方のこれからの幸せを祈っていることでしょう。
すぐには無理でしょうが、貴方は彼女の死の悲しみを乗り越えて、必ず幸せになってください。
貴方が永遠に悲しむ事は、彼女に罪悪感を抱かせることになります。
ただ、永遠に彼女を忘れないでください。

貴方が彼女を見守ってくれていたことを、僕は火傷した者として深く感謝します。




18 : : 2006/07/29(土)06:16
>これから先、りょうくんを好きになる子が現れたとき、絶対私じゃかなわな
>いし、りょうくんだって幸せになれないよ

好きな人をとられる怖さ不安が死ぬことよりも強いという気持ち
まではものすごくわかります。
もし自分のパートナーが「おばけ」になって
死にたいと言い出したらどうして止められるんでしょうか
自分ひとりや二人で支えきれる気がしません。
本人に生きる力がないと到底無理だと思います。
どうしたら生きる力が出てくるのか
彼女に生きる力を与えるものはなんだったのでしょうか・・・




19 :あん : 2006/07/31(月)14:46
私は右手が『おばけ』になっていました。去年の12月のことです。
部活ではしばらくの間先輩、タメ、顧問からできるだけ離れていました。いろいろな理由がある中で一番先立ったことは「自分がいることで陸部が気味悪がられるんじゃないか」といった思いでした。
幸い冬場だったので大会で(駅伝や耐寒継走)手袋を付けていても変に思われなかったからどうにかしのげました。
学校でも手袋を付け続けていたが3ヶ月ほどで分かりづらくなったから外しました。自分では分かり辛い気になっていたが女は他人のそんなところを物凄く気にするみたいで「手袋はめなおせ」と言われたりしていました。
5月に新しい彼氏ができ、その人は私に「火傷なんて気にしない」と言ってもらえたときは嬉しかった。
私の場合なんですが火傷したところを急激に日焼けするとまた火傷したようになります。4日前に野球観戦をしたら火傷したところが真っ赤になって皮がめくれてぐちゃぐちゃになっていました。
そんな風に火傷をすると言うことは一生その傷と付き合わなければならないことになります。いちはしさんの彼女さんは理由はどうであれ自殺してしまっても感謝していると思います。私が彼氏に感謝しているように…。
自分を認めてくれた人、自分のことを思ってくれた人がいることでたちなおれる人もいればいちはしさんの彼女さんのようなことになる人もいることは仕方のないことです。
非力ながらご冥福をお祈りいたします。




20 :匿名希望 : 2006/08/08(火)12:45
いちはしさんの衝撃的なお話に驚いています。
私は甲種危険物取扱者免状を持つ、可燃物の専門家です。
ちょっと疑問に思いましたので、後学のため、さしつかえなければお教えください。

焼身自殺をされたのは石油とのことですが、石油は実際に焼身できるまで火がつくのに時間がかかります。沸点のボンという爆発もしません。
また、ペットボトル程度の容量だと焼身自殺できないとされています。
次に浴室ですが、酸素の所要量が不足するため、途中で火が消えてしまうと思われます。
1kgの灯油が空気中に拡散すると130リットル程度になりますので、この5倍程度、要するに600リットル程度の空気が必要です。
逆算すると、15平方メートル程度の浴室だと30立方メートル、つまり300リットルなので、結果的に500cc程度の灯油しか燃えません。

次に可燃物で事故や事件が起きたら、消防庁からそういうリストが出てきますが、該当の事故は出てきません。








21 :匿名希望 : 2006/08/08(火)12:57
先ほどのものを詳しく計算すると、空気は14倍必要ということがわかりました。したがって1kgの灯油は1820リットルの空気が必要です。
すると、浴室では、163グラム、つまりコップいっぱいに満たない程度の灯油しか燃えません。
これだとせいぜい重傷です。






22 :匿名希望 : 2006/08/09(水)01:18
20,21さんとは別人です。
常温の灯油には爆発的な燃焼力が無いので、いちはしさんが気づいた時点で
容易に消し止めることが可能です。致命傷になるほどの受傷は疑問です。
灯油ではなくてガソリンなら納得できる話です。
風呂場の戸や窓を開放していれば、燃焼に必要な酸素は供給されます。

ただ、20,21さんも深く追求してはいけません。
ここには、様々な理由で書き込んでいる人がいるのですから、
不自然さを感じつつも、話を合わせるのも優しさってヤツですよ(笑)




23 :20,21 : 2006/08/09(水)08:33
疑問を感じつつどうしようかと思っていましたが、私はそれが専門ですので新たな事故防止に役立てることができればと思い書いてみました。
浴室で焼身自殺を図った例はたくさんあるのですが、家自体が火災になって死亡した事例はありますが、それ以外では死亡事例はここ数年発生していません。







24 :20,21 : 2006/08/10(木)08:01
ガソリンだと爆発音どころか、かぶって火をつけた時点で本当に爆発しますね。
ところが、熱量からいえば、酸素の供給量で全体が決まるので、灯油とあまり変わりません。
ガソリンだったとしてもペットボトルにどのようにして入れたのかすごい疑問です。
ちなみにガソリンは消防法の定めでプラスチック容器での販売が禁止されています。





25 :匿名希望 : 2006/09/17(日)09:42
石油と灯油は違いますよね?




26 :匿名希望 : 2006/09/17(日)10:21
石油ってなんですか?
灯油のこと?重油のこと?ガソリンのこと?
いずれにせよ、いちはしさんは矛盾をつかれているのですね。
石油と灯油の違いを唱えても矛盾は解決しないね




27 :はじめてきました : 2006/10/09(月)22:51
確かにガソリンは専用容器での販売しかされていませんが、
ストーブに灯油を入れる時使う・・・・なんていうんだろ 
パフパフさせて入れるやつだと、ペットボトルに入れることは可能では?

石油って言葉、私などの素人からしたら
灯油やガソリン全般を石油って言葉で違和感ないですが。
専門的にはどうなんでしょ。

とっても悲しいお話だったけど、リストに事件が載っていないって
どういうことなんでしょうね。




28 :匿名希望 : 2006/10/10(火)20:49
小説家などを目指している人が腕試しに作り話を書き込んで、
反応を調べる場合もあります。






29 :匿名希望 : 2006/10/27(金)18:18
>小説家などを目指している人が腕試しに作り話を書き込んで、反応を調べる場合もあります。

するどい!




30 :匿名希望 : 2006/11/30(木)09:37
.




31 :匿名希望 : 2006/11/30(木)09:38
.




32 :匿名希望 : 2006/11/30(木)09:38
.




21 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :