やけどの広場に戻る


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

子どもの指のひきつれを治す手術について

1 :ロビン : 2006/05/25(木)19:13
娘にやけどをさせてしまいました。
1歳になってすぐに、ポットの蒸気で・・・
すぐに外科で治療を受けましたが、治ってみたら、皮膚がひきつれたままなのです。
右手の小指ということで、すぐに総合病院に紹介状を書いてもらい、受診したところ、
植皮手術が必要だろうと言われました。
とても落ち込んでいます。
なんとか、植皮しないですむ方法がないかと、わらをもすがる思いで書き込みしています。
しかし、やはりもう皮膚が乾いてしまって、ひきつれを起こしていたら、もう手術しかないのでしょうか・・・
どなたかアドバイスいただけるととても嬉しいです。




2 :くみ : 2006/05/26(金)11:37
ロビンさん、はじめまして。
大変でしたね、お気持ちお察しします。

私も2年前、自分の不注意で1歳の息子に手の平と小指を火傷させてしまいました。
火傷は2、3週間で上皮化したのですが、重症だった小指が少しひきつれてて・・・・
先生から「植皮が必要になるかもしれません」と言われました。
さらに、植皮をしてもうまく皮膚がつくか分からないし、健康な皮膚を取った跡は残るし、
成長の過程で何回か植皮手術を繰り返さないといけないとのことでした。
何とか植皮をせずに済む方法は?ということで、
手の型をとってギブスのようなものを作ってもらいました。要は圧迫です。
就寝時と、あと起きている間も嫌がらない程度に1ヶ月半くらい装着していました。
すると完全に伸ばせなくなっていた小指も、なんとか伸ばせるようになりました。
その後はギブスをやめ、シリコンジェルシートを現在まで就寝時に使用しています。
その甲斐あってか、今のところ植皮の必要はないと先生には言われました。
ただ、成長とともにひきつれが起こる可能性はあるので、
その時は植皮ではなくジグザグに縫うような手術をするそうです。
もちろんそれなりに跡は残りますが。

親としてなんとか手術を避けたい気持ち、よく分かります。
もちろん指の機能が損なわれるくらいなら手術の必要があるでしょうが、
ご参考になれば幸いです。




3 :ロビン : 2006/05/26(金)16:51
くみさん、ありがとうございます。
とても励まされました。
女の子で、しかも右手ということなので、先生も手術を勧めているのですが、
まだ手術をする病院に紹介状を書いてもらったところですので、手術をするかどうかは
まだ未定です。
全身麻酔とのことで、本当にかわいそうなので、できたら避けたいのが心情です。
いろいろと教えてくださりありがとうございました。
うちの娘の場合は、第一関節が曲がっている状態です。ぱっと見はわかりませんがやはりよく見るとわかります。
娘自身も、『あれ?』というような感じでたまに触ってみています。
圧迫すると、伸びてくるものなのですか?くみさんのお子様は、普通に手をパーの状態にできるようになられたのでしょうか?
できたら教えていただけると嬉しいです。現在、やけどをして二ヶ月経過しました。
就寝時には、クリームをつけていますが、未だ改善は見られません。
くみさんもクリームなどはつけていらっしゃったのでしょうか?
それでは、お時間があられるときにでも教えていただけたらと思います。
長々とすみません




4 :くみ : 2006/05/26(金)19:05
ロビンさんへ
私は病院に何軒か行きましたが、先生によって治療方針が少し違いました。
どの先生にも「植皮が必要」と言われればあきらめもつきますが、
「ひよっとしたら植皮せずに済むかも」と言われればその可能性にかけてみたかったのです。
息子の場合は、最初は小指が引きつれて少し曲がっている状態だったのですが、
それは肥厚性瘢痕のせいで、受傷後3〜4ヶ月くらいは瘢痕の増殖する時期だと言われました。
ギブスを装着しているうちに、ギブスを外した直後はピンと伸ばせるのですが、
外してしばらく時間がたつと(1〜2時間)また引きつれてくるといった感じでした。
シリコンジェルシートに切り替えてからもそうだったんですが、
5ヶ月を過ぎたあたりからは、外しても引きつれがマシになってきたように記憶しています。
現在もシリコンジェルシートでダマシダマシしのいでいるのですが、
このままいけばいいのになー、と思っています。
クリームのことですが、ギブスを装着するときにはモビラート軟膏を塗っていました。
でも肥厚性瘢痕にはあまり効果がなく、炎症をおさえる感じみたいです。
シリコンジェルシートには何もつけません。
つたない文章で申し訳ないですが、参考になりましたでしょうか。






5 :ロビン : 2006/05/26(金)23:09
ご丁寧に、本当にありがとうございます。
当方、田舎住まいなので、手術をするにしても、福岡まで行ってしようと考えております。
うちの娘も、先生に、同じようなことを言われたので、ますます希望が持てました。
ありがとうございます。受傷後、3〜4ヶ月くらいは一番皮膚がこうしゅくするから・・・という風に言われました。
手術がいいんじゃない?と言った先生は、娘の手を2、3秒見ただけでそう言ったので、とても傷つきました。
私も、くみさんの言われるように、何軒か病院を回ってみようと思います。
また、質問させていただいてとても申し訳ないのですが・・・
ギブスとは、結構装着するのに手間取ったり、1歳の娘にしたら、すぐに取りたがるようなものでしょうか。
うちの娘は火傷の治療の包帯も、すぐに取ってしまったりして大変だったので・・・
また、ギブスで伸びるということは、くみさんのご自身の手でお子さんの指を伸ばしても伸びるという感じですか?
うちの子は、私がいくら伸ばそうとしても、伸びない状態です。。。
少し曲がっている・・・というか、最近、だいぶ曲がっているような。。。そんな気がしてきてます。
悲観していたらいけないのですが、、、
初めての子どもに、初めて怪我をさせてしまい、毎日本当に辛いです。
いろいろとアドバイスいただき、本当に励みになります。ありがとうございます。





6 :sachi : 2006/05/27(土)00:12
ずいぶん昔の話ですが、私、「手の外科」で短期間ですが看護師をしていた経験ががあります。
上手く説明できませんけれど・・・小指の伸筋腱(指を伸ばすスジ)はとても薄いと言うか細いと言うか、
曲がったままの状態が続き、腱が伸びきったままの状態で癒着(くっついてしまう状態)し
長時間が経過してしまうと、腱(筋肉の動きを伝える紐のようなもの)が弱く切れ易くなり、
手術で剥離(癒着を剥がす)することが出来なくなってしまうことが多々あるそうです。
腱剥離の手術の場合は、普通は数日後(早ければ翌日)からのリハビリが必要なようです。
小さなお子様の場合、積極的なリハビリは難しいかと思うのでその辺りは専門医でないと
解らないと思いますが・・・

また、火傷の深さによっては腱自体が弱ってしまっている事も考えられます。
さらに腱が伸びきってしまって、筋肉をいくら動かしてもその力を伝えられない場合、
腱を短くしたりする手術も必要になることもあるのでは・・・
私の経験では成人しか症例を見たことがないので、お子様には当てはまらないかも・・・。

植皮の場合、2週間程度患部は圧迫固定になると思います。
植皮した皮膚は縮み易いし・・・親としては成長ごとに再OPが必要になる心配もありますね。
植皮よりは柔らかい皮膚をつけることが出来る皮弁と言う方法もありますが・・。
どちらも身体に傷が付くので、親としては悩みは尽きませんね。

全身麻酔については技術や薬品もかなり進歩したので、それほど恐れる事はないように思い
ますが、私の子どもが1歳の時に中耳炎の手術をした時はやはり涙が出ました。
小さな手術だと局部麻酔か全身麻酔かは、10歳を目安にすることが多いそうです。

すいません・・・話が支離滅裂ですね。
親としてかなり究極的な選択になってしまうことになるかもしれませんが、
「たかが指一本」と考えるか「されど指一本」と捉えるか・・・専門医とも
よく話し合い、ご両親が1%でも納得できる答えを探して欲しいと思います。
いつの日かきっとお子様にもご両親の心の痛みが理解できると信じたいです。
また、お子様の怪我の内容が軽微な事をお祈りしています。
お役に立てるアドバイスが出来ずに申し訳ありません。

追伸
専門医とはロビンさんのお子様の場合、出来れば形成外科分野の手の外科医、
さらに望むべきは小児の分野の経験が豊富な医師のことです。





7 :ロビン : 2006/05/27(土)00:39
sachiさん、ありがとうございます。
とても励みになりました。
看護師さんをされていたのですね。それも、手の外科でということで、色々なアドバイス、ありがとうございます。
私の主人も、医師なのですが、なにせ全く違う科なので、全然当てにならず・・・
主人の友人にもアドバイスを聞いたのですが、やはり医師の見解と一般の方との見解は全然違うと思い、ここにカキコさせていただいております。
やはり植皮をすると、再度オペをする必要があるかもしれないのですね。
それを考えるととても辛いです。
しかし、私はどうしても将来的に娘にピアノを習わせたいので、ぜったいにまっすぐになって欲しいと願っています。
女の子だし、やっぱり見た目のことも気になるし、大きくなって、見るたびにコンプレックスを感じさせたくもありません。
毎日指を見るたびに悲しくなりますが、仕方ない事実ですので、受け止めながら毎日生活しています。
毎晩、ケロイド予防の薬を塗って様子を見ていますが、、、。
実際、先日は皮膚科の医師、そして形成の医師にみてもらいましたが、皮膚科の医師は『もう少しクリームを塗って・・・』というのに対して横の形成の先生はぱっと見ただけで『あ、これもう手術ね』といいました。
とても辛かったです。
手術で、全身麻酔となると、2日前から入院が必要と聞き、これまたショックを受けています。
また、術後も結構な入院が必要との事で、遊び盛りの娘にとってとても苦痛だろうなと、胸を痛めております。

なんだかおかしなカキコでごめんなさい。
本当に、ご丁寧に、ありがとうございます。
本当に毎日励まされています。ご親切にありがとうございます。




8 :sachi : 2006/05/27(土)09:26
旦那様はDr.なのですね・・・親として医師としてとても難しい立場ですね。
もちろんロビンさんもですが・・・。
私の夫も不慮の事故で障害を持つ身となりましたが、元々が下町のガサツな家族、少々の見た目の悪さと
不自由さはむしろ生活の一部と考えています。ロビンさんとは家庭環境や受傷したのが娘さんという違い
があり、なかなかそういう状況を受け入れることは難しいと思います。
親はどうしても子どもに「パーフェクトな理想」を抱いてしまいますね。(私もですが)
しかしそういう親の想いが、傷や障害を持ち思春期を迎えていく子どもに、良い影響を与える結果には
ならないのでは?と考えています。
歌手のビリージョエルさんは親指に多少の障害を抱えているという話を聞いたことがあります。
ピアノを弾く時は指にテーピングをしているんだとか。

障害があれば出来ないことも多いですし、傷が残ればコンプレックスを感じることは確かにあります。
しかし、それはこれから親が子どもをどう育むかにかかっているのではないでしょうか。
(偉そうな事言ってごめんなさい・・・)
親のコンプレックスや偏見が子どもにどれだけ影響を及ぼすか・・・私も自分の実体験として反省の
日々です。
夫は事故で左手の親指以外はほぼ動かない状態になり、右手の機能も半分くらいに落ちてしまいました。
でも、30回に及ぶ手術やリハビリを自ら選択し、4年のブランクを経て現在は道具などを自分で工夫・
改造して、元の職場である伝統工芸の職人として復活を果たしました。
身体中に大きな傷があるので大衆浴場(温泉)などは嫌がりますが、人生をとても謳歌している感じです。
どういう「生き方」をするか(教えられるか)?なんだと思っています。

私が担当した小指の伸筋腱を損傷した患者(成人男性)さんは、小指一本を治すために関西からわざわざ
関東へ治療を受けに来ていました。前医による粗悪な治療もあったようですが、腱移植や剥離術、植皮など
計8度の手術を受けました。それでも完全には伸びなかったようです。
普段は饒舌な彼の担当医も「小指は難しいなあ・・・」とポツリ。
動かないまま固定期間が長いと、それだけ快復の状況も悪くなりますし・・・
指の機能を優先するか見た目の美しさを優先するか・・・
(こういう言い方は大変失礼ですが)どちらにしても100%元の状態というわけにはいかないと思うのです。
でも同じ親として、どんなに自分が傷ついても子どものために最善を尽くしてあげることが大切だと思います。
結果的にその決断が間違っていたとしても、それを真正面から受け止めてあげる心構えでいてあげることが、
本当の意味で子どもを愛することなんだと、私は理解するようにしています。

「人間はもともと後悔するように出来ている」私の好きな言葉です。
親に出来るのは、子どもの為に悩み後悔することだけです。
「なるようにしかならない。柳のようにしなやかに生きたいねえ〜」最近の夫の口癖です。
何の励ましにもならないですね。
余計なこと沢山書きました、ごめんなさい。ロビンさんのご家庭に幸福が訪れることを・・・。




9 :くみ : 2006/05/29(月)07:46
ロビンさん、こんにちは。
ギブスは、親指が分かれたミトンのような形をしていて、
手の平側と手の甲側に分かれていて手を挟み、ベルトで締めるようになっていました。
分かりにくくてすみません。
装着には10秒もあればいいのですが、さすがに最初は嫌がりました。
何度も繰り返しているうちに慣れてきたのか、取ろうとしなくなりましたが。
また、1日中つけていてはストレスも溜まるし、手の機能も衰えてしまうので、
ギブスを外して自由に動かせる時間もたっぷりとるように先生に言われました。
最初は私の手でもそうなんですが、ギブスでも完全には伸びていなかったと思います。
何日も続けてるうちに、多分瘢痕拘縮のひどい時期を過ぎたこともあり、何とか伸びるようになりました。
sachiさんがおっしゃっているように、「されど指1本」です。
私は関西在住ですが、関西の病院はもちろん、この掲示板でも評判の東京の病院へも何度か通いました。
結果的にそこは効果がなかったんですが、後から「あの時行っていれば・・・」と後悔したくなかったので、
行ってよかったと思います。
「こんなに病院をハシゴして意味があるのか」「さっさと手術した方が、この子の指の為なのでは」
色々な思いが交錯しました。でも、すべての方法を試すことなど出来ないのですから、
どの方法が一番良かったかなんて、結局誰にも分からないのではないでしょうか。
だから色々な先生の意見を聞いて、自分でも勉強して、
試行錯誤しながら最良だと思う方法を見つけるしかないと思うのです。
お互いがんばりましょうね!




10 :くみ : 2006/05/29(月)07:49
追記です。
「親指が分かれたミトンのような形」と書きましたが、
今思い出すと、親指が無いミトンの形をしていて、親指は自由に動かせました。
う〜ん、分かりにくいですよね、ごめんなさい。




11 :ロビン : 2006/05/29(月)18:04
くみさん、sachiさん、ありがとうございました。
毎回ここでの書き込みに、すごく癒されている私です。。。
最近、ケロイド予防のクリームを、前よりも念入りに塗り始めたら、薬指の外側も瘢痕拘縮
がひどくなってきてることに気づきました。薬指は、こないだまでは瘢痕拘縮はそうひどくなかったのに。
ですので、今は、くみさんのおっしゃるように、瘢痕拘縮がひどい時期なのだと思い、毎日気づいたら塗っています。

私も、何がよいのか、どうすれば一番よいのか、わかりません。
まさにsachiさんの言われる、『人間は後悔するように出来ている・』まさにそうだなーと思います。
だから、最近は娘が火傷したのも、運命だから仕方なかった、と、そう考えるようにしております。
責任逃れをしているわけではありませんが、そういう風に考えないとどうしようもないからです。
だって自分を責めても治るわけではないのですから。。。だから、お二人の意見に励まされながら、娘にとって一番よさそうな方法を取れるよう頑張りたいと思います。

主人が医師ということもあってか、主人は『手術』という選択に対してあまり抵抗がないようです。
手術すれば治るのならそれが一番いい。と、多分そう思っていると思います。
しかしやはり手術のとき、一から始終見ているのは私だし、その苦痛はきっときついものだと思うし、そのときの娘の姿を想像しただけで涙がこぼれるので、実際手術になったとき、とても不安です。
弱い母親ですよね・・・ いけないと思いつつ・・・ 悲観してしまって・・・ごめんなさい。
みなさんの書き込みで本当に日々励まされています。
ありがとうございます。私もしっかりがんばります。また、お話させてくださいね。




12 :ちか : 2006/05/30(火)04:35
私は両手を火傷しました。右手は平以外、2〜3度の火傷です。
参考になるかわかりませんが、私の経験を話します。
火傷直後2週間で、太ももから植皮しましたが、2ヶ月目からひきつれてきました。人差し指は曲って、親指と小指は外側に、そして後の2本は上の方にピンと引っ張られる感じでした。
指もフィットする圧迫ブローブを作ってもらい、その下にはシリコンシートを入れて、最初は苦労しましたが、だんだんと、ひきつれもなくなって、リハビリも始め、4ヶ月で90%動かせるようになりました。
もちろん、1年半を過ぎるまでは、グローブをはずすと、すぐ引き連れがもどる感じでした。
小指はやっぱり難しいですが、しっかりフィットした圧迫グローブ、シリコンシート、リハビリの効果は高いと思います。見た目も綺麗になっています。他人がみれば、違うかもしれませんが、今の治療を続けていなかったら、手全体動かせなくなって、何百倍もみにくくなっていたと思います。
圧迫やシリコンシートの場合はできるだけはやく、そして、指の間接一つずつのリハビリを毎日かかさずやる事が大切です。
圧迫やシリコンシートはリハビリができるように、自由に動かせる素材が必要です。

私は左手も火傷しました。2度で、右手よりは浅く、今は、親指だけにシリコンシートを入れていますが、しっかりフィットするようにグローブもまだ使っています。オーダーメイドのグローブなので、次のグローブは指一本だけ圧迫のを注文予定です。

圧迫やシリコンシートは、遅くなると効果がありません。
最初は、皮膚も弱く、手袋をはめるときは一苦労でした。シリコンシートも使いはじめたころは、太いシートで動かしにくかったせいか、見た目はよくてもリハビリに問題がありました。そして、自分でフィット力が高い、そして動きやすいのを見つけました。シリコンシートの下には、アロエのジェルを使っています。WaterBaseなので、シートはよく皮膚にフィットします。

植皮につかった太もものところは、今だに赤いです。痛みは3−4日でなくなりましたが、今だに圧迫サポータを使っています。後2ヶ月ほででとれそうですが。

皮膚移植は、傷を残します。私の場合は後悔していません。太ももの傷の変りに右手の動きを完全にとりもどせましたから。移植をしなかったら、手がなおるまで時間がかかり、その間リハビリも遅くなり、今のように100%動かせるようになっていなかったと思います。

もちろん、子供と成人は違いますし、状況も違います。でも、できるだけはやくなっとくできる治療を見つける事を祈っています。





13 :sachi : 2006/05/30(火)21:15
お役に立てるかどうか・・・手術のことです。
私の経験では、記憶が確かなら「リューダース皮弁」と言うのがあったような・・・
幼児などに適用できるのか全く判りませんが、指などの関節には植皮の硬くなりがちな皮膚より、
皮膚を含めた(血管付きの)組織を移植した方が柔らかく動きを邪魔しないようです。
そのリューダース皮弁というのは、指の横側の健康な組織を一部分を残し切り、
90度ずらして関節部分にくっ付けるという方法です。切り取った部分には、
目立たないところから植皮するという二段階の手術になります。
これだと植皮よりは柔らかな皮膚となり、植皮による再度の引き攣れは
起こしにくいと思うのですが・・・俄か知識しかないもので、ゴメンなさい。




14 :ロビン : 2006/06/02(金)00:01
ちかさん、ご経験、お話くださりありがとうございます。
とても詳しく書いていただき、大変参考になりました。
来週に手術を行う病院に行って、提案させてもらってこようと考えています。
本当にありがとうございました。
また、グローブなどは、早くしないとあまり効果がないということもわかり、
ためになりました。どうもありがとうございます。

sachiさん、ありがとうございます。専門的なことを教えていただき、感謝しております。
さっそく調べて、医師に聞いてみようと思います。本当にありがとうございました。

見ず知らずの私の娘にいろいろとアドバイスを頂戴し、毎回涙がでます。
本当にありがとうございます。

ここのみなさまのおかげで、本当に前向きになれた気がします。
どんなに感謝の弁を述べていいものかわからないくらいです。
来週病院に行って、経過を報告させていただきたく思っています。
あつかましいですが、今後ともよろしくお願い致します。




15 :ロビン : 2006/06/12(月)20:19
ご無沙汰しております。ロビンです。
先日、福岡の総合病院を受診して参りました。
結果は、やはり皮膚移植手術というものでした。
親として、最後まで手術しないで済む方法はないだろうか・・・
と考えておりましたが、主人も、医師としての立場から言うと、手術してみたら?というのが率直な答えのようで、私もそれに同意することにした次第です。
この選択がよかったのかどうか、正直わかりません。
しかし、私は手術を選択したのですから、親として責任をもって出来る限りの看病と、術後のケアをしてあげたいと思っております。
植皮は、くるぶしの下からするそうですので、足の傷はそう大きなものにはならなさそうで、少し安心しております。
万が一足りない場合はおなかから取ると言われました。
手術ですが、来月の頭に決まりました。術後2週間の入院ということで、遊び盛りの娘にとってはとても辛い入院生活になるかと思いますが、
しっかり支えて頑張ってまいりたいと思います。
いろいろ励ましていただき、本当にありがとうございました。
今後もいろいろと相談させていただくことがあるかと思いますが、よろしくお願い致します。




16 :ロビン : 2006/08/02(水)14:17
お久しぶりです。ロビンです。
先月、娘の手術をしました。
2時間程度の手術でしたが、足のくるぶし下から皮膚を移植する手術を致しました。
手術後しばらくは、右手と、両足がギプスで、とてもかわいそうな状態でしたが、
幸い泣きもせず、おりこうさんにしてくれたので、すぐに片足のギプスは取れました。
3週間程度入院し、ギプスのまま病院内を走り回ったりしてとても元気に過ごしました。
現在は退院し、3日に一度付け替えに通院している日々です。
ひきつれていた小指は、まっすぐに伸び、あとは足の皮膚がしっかりとなじんでくれ、
関節がしっかり動くようになるのを待つのみです。
リハビリはまだしてませんが、今は固めのテープのようなジェルシートで固定しているような感じです。
本当はしっかりと圧迫した方がよいのかもしれませんが、この猛暑なので、逆にかぶれたりしてしまう恐れがあるということで、
軽めのシートで固定しています。

こちらで相談にのっていただいたみなさま、本当にありがとうございました。
たくさんの励ましをうけて、手術に踏み切り、そして治る事ができたと思っています。
本当にありがとうございました。




20 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :