やけどの広場に戻る


■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50

娘が引火で火傷しました、病院の選択について

1 :ぽぽろ : 2006/11/25(土)19:59
11/19に小学校6年生の娘が料理中、コンロの火が服に引火し、
左脇にU深〜Vのやけどを負ってしまいました。

現在役1週間ですが、総合病院皮膚科を受診しています。
治療は消毒+ゲンタシン軟膏をガーゼ、包帯で保護しています。
受診初日にもDrから、深い可能性があるので、
植皮手術しないといけないかもしれないと言われましたが、今日やはり植皮の可能性が大きいといわれてしまいました。

色々とネットで調べていて、このhpにたどり着いたのですが、いくつかわからないことが
あるので質問させてください。

本来担当医に聞くべきなのでしょうが、「化膿してるんでしょうか?」
と質問したところ「化膿の心配がなければ、消毒してない」といわれ
いろいろと聞けない感じになってしまって・・・・。

火傷で植皮が必要なのは、壊死してしまった皮膚をとりのぞく為かと思っていたのですが
閉鎖療法で壊死した部分が取れる!?(手術なしで)のでしょうか?
(植皮しないと、何年後かにがんになるというようなことが書いてあるサイトもあるのですが。)
保険適用外のk医院と閉鎖療法のk医院ありますが、閉鎖療法のk医院は保険がきくのでしょうか?
治療方法で傷跡の目立つ・目立たないが変わるのでしょうか?(植皮をしない場合)

娘の傷は、いまひじ〜脇にかけて(内側半分)じゅくじゅくしていて、赤い部分と白い部分がまだらなような
状態です。
何とか少しでもきれいになおしてやりたい一心です。

また皆さん転院されたりしているようなのですが、今かかっているお医者様には
転院することは告げていくべきなのでしょうか?
月曜には閉鎖療法の病院か保険適用外のk医院を受診しようと思っていますが、
今通っている総合病院の担当医に月曜に受診するようにいわれたので。

どんな怪我でも、病気でも、子供の事ともなればほんとに辛いです。
乗り越えてきたきた皆さんの力をかしていただけたらと思います。






2 :匿名希望 : 2006/11/25(土)21:47
私の経験から答えられる範囲で、ですが…

> 閉鎖療法で壊死した部分が取れる!?(手術なしで)のでしょうか?
閉鎖療法で壊死した部分は取れます。取れる、というか溶けるような感じです。

> 保険適用外のk医院と閉鎖療法のk医院ありますが、閉鎖療法のk医院は保険がきくのでしょうか?
閉鎖療法のk医院は柿田医院のことだと思いますが、閉鎖療法は普通、保険適用です。

お子様の火傷が早く良くなりますように。




3 :匿名希望 : 2006/11/25(土)23:04
匿名希望さん
早々のお返事ありがとうございました。





4 :お花見 : 2006/11/28(火)13:08
ぽぽろさんはじめまして

治療についてまだ悩んでいますか?
湿潤療法について思うところを書かせていただきます

>植皮手術しないといけないかもしれないと言われましたが、今日やはり植皮の可能性が大きいといわれてしまいました。

植皮の必要性の説明をするのは患者とのトラブルを避けるための場合があります
実際は2週間くらいたたないとわからないと思うのですが
うちは2センチ程度の狭い範囲ですが
深いところは肉芽形成により1ヶ月以上かかりました
毛根が残っているか上皮してきそうな感じがするかは
まだわからない時期だと思います
上皮といっても脱色しても平らに張ってくる場所と
肉芽を作って張ってくる場所とがあります(瘢痕)
湿潤療法は瘢痕ができてもできる限りスムーズな上皮を待つという治療だと思います
できてしまった瘢痕は後々除去する方法もあるようです
湿潤でいいと思うところは
深い中でも浅いところがまだらにあって
それを保存的に治療すると正常な皮膚が少しでもできあがるんです

>本来担当医に聞くべきなのでしょうが、「化膿してるんでしょうか?」
>と質問したところ「化膿の心配がなければ、消毒してない」といわれ
>いろいろと聞けない感じになってしまって・・・・。

いろいろ聞けない状態というのはそもそもあってはならないことです
ただ化膿と消毒については医師も説明のしようがなく
触れられたくない話なだけのような気がします
菌がいるかどうかは検査すれば陽性、陰性がわかるので
それに応じて抗生剤を投与すればすむことです
確かゲンタシン軟膏はそもそも抗生剤含有なので
その心配はないと思うのですけど
私としては消毒液をちょんちょんつけることに何の意味も感じませし
痛いことはよくないと思います

>また皆さん転院されたりしているようなのですが、今かかっているお医者様には
>転院することは告げていくべきなのでしょうか?

私は最初の形成の医者に湿潤について事細かく説明をお願いしたところ
イヤな顔をされ私の方から見限りました。
後日転院した事をお世話になったお礼を込めてハガキは送ったのですが
医師の目にはとまってないだろうと思っています
ぽぽろさんのお医者様はどういった方なのかわかりませんが
よいお医者さんに巡りあえることを祈ってます

>どんな怪我でも、病気でも、子供の事ともなればほんとに辛いです。
>乗り越えてきたきた皆さんの力をかしていただけたらと

V度の広範囲でも植皮せずに治癒しているお子さんもいます
大丈夫きっと上皮してきます。がんばってください。

V度でかなり深く広範囲な場合は
湿潤で上皮したとしても
後々除去や植皮になるのかもしれません
ただその植皮というのが肉芽で上皮する可能性もあるうちから
植皮をする有効性という点で私は勉強不足なのでわかりません
肉芽形成で上皮させても結局後々の除去手術の腕次第や
皮膚のつっぱり具合で傷の状態が変わり
こんなことなら最初から植皮をしておいた方がよかったのだろうか
ということなのでしょうか。そんな先のことまで判断して、今の今
植皮をするかどうかなんて考えられるわけないですよね
とりあえず上皮してくるのを傷を安静にして待ってくださいね

遅いレスでしたしわかりずらいことを書いてしまっているかもしれません
不安な気持ちを増長させていたら本当にごめんなさい

東京近辺にお住まいですか?

柿田さん ykakita@mri.biglobe.ne.jp
夏井先生 wound_treatment@yahoo.co.jp
にも写真添付でメールしてみてください

閉鎖療法は10年わずらうジョクソウが治癒するそうです




5 :匿名希望 : 2006/11/28(火)18:51
>お花見さん
とても丁寧なお返事、本当にありがとうございます。

月曜日、柿田さんに行ってきました。
植皮しなくてもよさそうとの事でした。
やはり火傷はU深い〜V度との事で週二回通院です。

柿田先生のところで診て頂いてから、すぐ発熱してしまい。
病院を変えた直後の発熱で慌てましたが、診療時間外の朝早くのメールに
柿田先生からすぐ電話をもらって、安心することができました。

病院の先生=近くて遠い存在だった私は、折返しの即電話対応や
病院での対応に、感謝以外の言葉が見つかりません。

メールや電話で対応していたら、先生もおちおち休めないだろうな〜。
と思っていたのに、早速至急メールしてしまって、申し訳ないようにも
感じましたが、安心して受診できるという事は大切なことですね。

お花見さんのお子様は良くなられたのでしょうか?
BBSをさらによく読んでみようと思いますが、順調に治癒されていますように。

状態によって治癒の経過はかわって当然とはいえ、
経験者の言葉をいただけるほど、心強いことはありません。
まだまだ、これからですがお花見さんのレス嬉しかったです。
ほんとにありがとうございました。







6 :お花見 : 2006/11/30(木)21:21
ぽぽろさんこんばんわ

お子さんはどうですか?
痒がっていませんか?
うちは1歳だったので掻こうとしたらはがいじめにして押さえ込んだり
飴食べさせてごまかしたりできましたが
小学生だと我慢ができる反面掻き出したらとめられないんじゃないかと心配です
安静にして頑張ってください
傷が良くなることを祈っています





7 :匿名希望 : 2006/11/30(木)22:10
こんばんわ

痒みはやはり少しあるようですが、今は我慢できるようです。
1歳だったら無意識に手が伸びてしまいますもんね。

傷はほんとに日に日に良くなっています。
風邪がはやっていて、我が家は一回りしてしまいました。

お花見さんのお宅もお気をつけくださいね。












8 :お花見 : 2006/11/30(木)23:40
ぽぽろさん
もうPCしていないかな?

ここら辺で良くなっていると思われる場所は
おそらく綺麗に上皮してくると思います

学校には行っているんでしょうか
ワセリンとラップを包帯でぐるぐる巻きつけている状態でしょうか
授業中に事故とは学校中や地域でかなり問題になっているのではないですか?
お子さんの心がどうか前向きでありますように





9 :匿名希望 : 2006/12/01(金)01:12
2に書き込みをさせていただいた者です。
ぽぽろさん、
良い治療を選択なさいましたね。
卒業間近の大切で楽しい時期に週2回の通院は大変だと思います。
火傷の治療も、病院通いも、お嬢様にとって「健康の有り難み」や「自分の体の大切さ」、「傷を持つ人への思い遣り」を実感できる貴重な体験となりますように。

お花見さん、
「授業中に事故」とは、どこにも書かれていないように思いますが…?




10 :匿名希望 : 2006/12/01(金)09:16
>お花見さん
いつもありがとうございます。
昨日もAM3時までこのBBS見てたのですが、気づかなくてすみません。
BBSにリンクがはってあるとみているうちに、どんどん目がさめていってしまって
朝がつらいです。(-_-)zzz

>ここら辺で良くなっていると思われる場所は
おそらく綺麗に上皮してくると思います

きれいになりますように。と願うばかりです。
良くなっているところが広がっているといった感じです。
壊死部分は溶けてきました。


>学校には行っているんでしょうか
ここの所、風邪か火傷からの熱か?
微熱〜38度台の熱があったりしていたので、4日程休んでいたのですが
先生にOKをもらってから昨日、今日と登校しています。

>ワセリンとラップを包帯でぐるぐる巻きつけている状態でしょうか

ワセリン(プラスチベース)+ZNC+包帯です。
うちの子は6年生なので、処置は話しながらできるし
言い聞かせる事ができるので随分楽ですが
お花見さんちのメイちゃん(あってますか?)のように
小さいと大変だろうなとも思います。

>授業中に事故とは学校中や地域でかなり問題になっているのではないですか?

授業中ではなく、家での事故です。
火傷の後、学校の先生にみんなにも気をつけてもらうようお話してもらったのですが
半数以上の子が、家で火をつかって料理などをするということでした。
6年生ともなればさせる事も勉強ですが、親が注意しないとだめなのに
もう慣れてきたところだったので、油断していました。(猛反省)

>お子さんの心がどうか前向きでありますように

信頼できるお医者様に会えた今では、傷だけでなく精神的にもかなり前向きです。
当初回復が実感できず、お医者様の消毒に涙する娘と傷をみては
涙をこらえるのがやっとでしたが、痛くない治療になってほんとに
気が楽です(言い方悪いですが)
通院の時にも
「鼻毛は鼻をまもっているのに、胸毛は何を守っているのか?」
「最近の父親の加齢臭にどの様な対応をするか?」
とかくだらない事をあれやこれやと話しながら通っています。
お花見さんの書き込み色々拝見しました。
みながらも、お花見さんの気持ちが前向きになっているのが
感じられて、よかったな〜。と思いました。


>匿名希望さん
やけどした直後はこの事故を何かの糧にできるまでには
時間がかかると思っていました。
反省や自己嫌悪ばかりで、前向きに捉える事ができそうにありませんでした。

私は比較的早い時期にこのBBSに出会ってお花見さんや匿名希望さんに
お話を聞けて、良い治療&先生に出会えた事で、今はこの経験が何かの糧になると思うことができます。
ほんとにありがとうございました。















11 :お花見 : 2006/12/01(金)15:20
匿名希望さん御指摘ありがとうございました
よく読んでいなかったですホントごめんなさい

前向きになるというのがどういうことなのか
私は全然わからないでいるのですが
ぽぽろさんの書き込みを見てなんかわかったような気がします
もっとがんばろうと思います
こちらこそありがとうございました^^

傷が快方へ向かいますように
治癒経過の報告も是非書き込んでくださいね




12 :ぽぽろ : 2006/12/03(日)23:27
3.5.7.10のレスは私なのですが[匿名希望]に
なっていました。すみません。

>お花見さん

>前向きになるというのがどういうことなのか
私は全然わからないでいるのですが

前向きというのとは違うかもしれないのですが
お花見さんの初めの書き込みから、今(私を含め)沢山の方が
励まされているのを見ると、お花見さんは前向きだと思います。
前向きといっても100%ではなくて、もちろん不安になったり
しますけどね。

なんだかわけがわからない文ですみません。

>治癒経過の報告も是非書き込んでくださいね
柿田さんに通うようになってから、精神的に楽になったり
仕事を休んでいたこともあり、ブログをつけています。
毎日今の娘の状態を画像つきでアップしています。
よかったら見てみてください。
柿田医院のHP
http://www5f.biglobe.ne.jp/~home-dr/zakki.html" target="_blank">http://www5f.biglobe.ne.jp/~home-dr/zakki.html

の雑記にて紹介していただいています。









13 :ぽぽろ : 2006/12/03(日)23:34
私のブログですが、火傷をされた方には厳しい写真がたくさんあるとおもいます。
生々しいので、注意してください。

正直娘の治癒なので公開に悩みましたが、
娘(私)がこの治療で救われたように一人でも多くの方に
しっていただけるようにとの思いから作りました。

現在治療中なので今後どうなっていくかわかりませんが
どのような形になっても、柿田先生に最善を尽くしていただけている
事に変わりは無いと思いますので・・・。










14 :まる : 2006/12/05(火)13:34
ぽぽろさん,はじめまして。

私の娘は,コーヒーをとろうとして,やけどをしてしまいました。
もう約10ヶ月たちます。

ぽぽろさんのブログ,見させていただきました。
私もこのBBSやお花見さんのHPでずいぶん救われました。
ぽぽろさんのブログもきっと救われる人がたくさんいると思います。(やけどをされる方はいない方がいいですけど・・・)
続けてください。
娘さんの写真を見て,自分の娘の当時のことを思いだそうとしましたが,
なんだか忘れかけている部分もあります。きっと思い出したくなくて,そう思ってるのかもしれません。

何を言いたいのかよく分からなくなってきましたが,これからもブログを見させていただこうと思うので,
がんばってください。

早く良くなりますように・・・。








15 :ぽぽろ : 2006/12/05(火)22:04
>まるさん
はじめまして。
娘さんよくなられていますか?
今は、良くなったよという皆さんの声だけが支えです。
でも火傷は、良くなったといっても傷跡の事などもあって
素直には喜べない部分もありますね。

これから寒くなって、加湿器やストーブなどの事故が増える
時期ですね、当たり前のように注意しましょうと書いてある
ポスターなどは目にしてても、実際こんな事になってしまうまで
本当の痛みはわからないんですよね。

病院にいって小さな赤ちゃんをみるたびに「どうか気をつけて」
といいたい衝動にかられます。

まるさんの娘さんも小さいときの事故だったんでしょうか?
まるさんも随分心を痛められたことと思います。


いい言葉がみつからず、ごめんなさい。
一進一退のようにも感じる今ですが、色んな願いは無駄にはならないと
信じています。

声かけていただいてありがとうございました。




ブログも最近は傷がどんどん酷くなっているようにも見えるので
気分を害されるかたがいないかと心配です。






16 :まる : 2006/12/06(水)14:07
ぽぽろさん,こんにちは。

私の娘の事故は,1歳2ヶ月のときでした。
キッチンでコーヒーを入れていて,私のそばにきていることに気がつかず,
主人の実家から朝早くрェあって,それに気をとられながら,コーヒーをいれていたんです。
そのとき,コーヒーカップをとろうとした娘が,そのままコーヒーをかぶってしまいました。

娘は強くて,救急車の中で痛い痛いといって泣きましたが,治療をする頃は泣き疲れたようなそんな感じで,
それからの治療も泣くことはありませんでした。(家では痛くて泣いても,病院では強かったです。)

・・・なんだかうまく書けません。話したいことはいっぱいなのですが。

今は,ずいぶん良くなっています。赤みもずいぶんうすくなりました。
ぽぽろさんも必ず傷はよくなっているし,よくなります。がんばってくださいね。
えらそうに言えるものでもないですけど・・。

ブログの傷の写真が心配かもしれませんが,本当にやけどをしてつらい人がみたとき,
きっと,力になってくれる写真だと思うんです。傷の経過って,一番知りたいことなんじゃないかと思うから。
私もブログをしようかと思ったのですが,パソコンがまだまだうまく使えなくて,
断念したんです。

なんか毎回,何をどう書きたいのか分からなくなってしまってます(笑)




17 :まる : 2006/12/06(水)14:08
ぽぽろさん,こんにちは。

私の娘の事故は,1歳2ヶ月のときでした。
キッチンでコーヒーを入れていて,私のそばにきていることに気がつかず,
主人の実家から朝早くрェあって,それに気をとられながら,コーヒーをいれていたんです。
そのとき,コーヒーカップをとろうとした娘が,そのままコーヒーをかぶってしまいました。

娘は強くて,救急車の中で痛い痛いといって泣きましたが,治療をする頃は泣き疲れたようなそんな感じで,
それからの治療も泣くことはありませんでした。(家では痛くて泣いても,病院では強かったです。)

・・・なんだかうまく書けません。話したいことはいっぱいなのですが。

今は,ずいぶん良くなっています。赤みもずいぶんうすくなりました。
ぽぽろさんも必ず傷はよくなっているし,よくなります。がんばってくださいね。
えらそうに言えるものでもないですけど・・。

ブログの傷の写真が心配かもしれませんが,本当にやけどをしてつらい人がみたとき,
きっと,力になってくれる写真だと思うんです。傷の経過って,一番知りたいことなんじゃないかと思うから。
私もブログをしようかと思ったのですが,パソコンがまだまだうまく使えなくて,
断念したんです。

なんか毎回,何をどう書きたいのか分からなくなってしまってます(笑)




18 :ぽぽろ : 2006/12/06(水)18:35
>まるさん
娘さんよくなられているようでよかったです。
お互い辛い経験でしたね。お話してくださってありがとうございました。


>ブログの傷の写真が心配かもしれませんが,本当にやけどをしてつらい人がみたとき,
きっと,力になってくれる写真だと思うんです

娘の受傷直後いろんなページを見たのですが
2.3枚の経過画像のサイトしか見つけられず、
(お花見さんのサイトも知らなくて)
頭の中で理解しているやけどの治癒経過と、実際の状態が結びつかなくて
いったいどうなるんだろうという思いが強かったので作ったのですが
まだまだ治癒はじまったばかりで、先は長そうです。
やけどってほんと長いんですね。


>なんか毎回,何をどう書きたいのか分からなくなってしまってます(笑)
私もです。子供さんが辛い目にあって、その看病するお母さんも同じように
(むしろそれ以上!?)悲しんで、励ましてあげたいけど、がんばってなんて
簡単に言えないし、だいたいもうがんばっているだろうし。
ほんとうまくいえません・・・。(笑)

でもお互いがんばりましょ!にしときます(笑)
まるさんの温かい気持ちはちゃんといただいてます。







19 :まる : 2006/12/07(木)13:58
ぽぽろさん,なんだか励ましてもらっちゃって,すみません。
ありがとうございます。

がんばります!




20 :お花見 : 2006/12/09(土)02:41
ぽぽろさん

HP見てきました
浸出液が少ないのが気になっているようですが
ZNCの下にワセリンを塗っていますか?
それかディオアクティブETを貼ってもいいようなことは
柿田さんは言いませんでしたか?







21 :ぽぽろ : 2006/12/09(土)11:55
今はZNCのみです。
ディオアクティブETは大きさが無理なのかな?
とも思います。

先生に聞いてみますね、そうするのが先でしたね
ほんとすみませんです。








22 :お花見 : 2006/12/09(土)13:27
私いつもあわただしく書き込みするので
文章がとっても素っ気なくてごめんなさいm(_ _)m

そろそろ白いペラペラしてふやけた
皮膚がはってくるころかもしれませんから
デュオアクティブの粘着力は危険かもしれませんし
先生のお考えがあってのことでしょうから
私が色々心配することもないですよね
ほんとごめんなさい

それにしても
きれいに壊死部が剥げ落ちましたね
早く上皮することを祈ってます









23 :ぽぽろ : 2006/12/09(土)21:13
>お花見さん

いえいえそんな謝らないでください。
お花見さんのHP拝見して、PCに向かうと胸が痛むとの事で
なんだか思い出したくないことを、思いださせてしまうような気がして・・・。

お子さんが小さいとなかなかPCにむかう時間もないと思いますので、
(私も子供が小さな頃は立って仕事してました)
無理のない程度で教えていただければと思います。

>まるさん
励ますなんてとんでもないです。
でも傷を舐めあうじゃないですが、痛みを分け合える方
がいて、少し救われます。

少しでも力になれたんならほんと嬉しいです。






24 :ぽぽろ : 2006/12/09(土)21:18
>お花見さん

壊死部分ですが、後一歩です。
今は肉芽が見えている状態なんですよね?
上皮しそうな気配がないので、わからないのですが
あせる気持ちを抑えつつ、気長にいくしかないですね。






25 :まる : 2006/12/10(日)15:37
ぽぽろさん,こんにちは。

ブログの方,ゆっくり読ませていただきました。
すごく気持ちが伝わってきました。(いろんな気持ち・・)
たくさんの方が見てくださっているんですね。
たくさんの方の力になってくれているって思います。

それから,娘さんの傷の方ですが,きれいに治っていってるように見えます。
がんばってくださいね。




26 :お花見 : 2006/12/11(月)22:37
ぽぽろさん
温泉の話なんですけど
前に温泉は感染する病気があるので
上皮前はやめると言っていた方がいました

HP拝見しました
痛くなくなってきたとのこと良かったです
ブログはお嬢さんや御家族も見てらっしゃるのでしょうか?

親だけが立ち止まっている・・・
確かにそうだと思いました
今日同居の義母がヤケドの痕がもう治ってるわよねと
言ってくれて私はびっくりして本当にそう思っているのか
疑った目をしてしまって義母が驚いていたのですが
老眼でよく見えないかな?とか思ったし
前にも友達に綺麗になってきたと言われて
そんなこと言わないでなんて言ってしまったんですけど
私・・・依然として立ち止まっていることに気づきました

沢山の方が傷が早くよくなるように
PCの向こうから祈っていると思います
頑張ってください





27 :ぽぽろ : 2006/12/12(火)22:04
>お花見さんへ
いつもありがとうございます。
温泉は、私も上皮化まではなんだかいけない事のように感じます。
(不特定多数の人が入る事と、皮膚という壁がないので)
でも、家のお風呂には上皮化していなくても入れるのかな?
と思いまして、聞いてみました。
本人は怖いのでつけられないと言っていますが。
痛くなくて、つけられたらつけてもいいのかな?
と思いまして・・・。

今日診察で先生に聞いてみると、駄目って事はないけど
あえて温泉に入る事もないような感じでした。
娘が「傷にどうとかゆうより、見た目で周りの人が無理だと思う」
と言っていました。私も先生も「そうだよね〜」でした。
うちの近くに温泉のスーパー銭湯が何件かあるので
火傷前は毎週のように行っていたのですが、もう少し先になりそうです。

HP拝見して、お花見さんの娘さんの痕のように
きれいになってくれるかな?と私も思っています。
(無責任に言ってしまってすみません)
11月の写真は、ほんとにきれいになっていて、すごく嬉しかったです。
よかった〜と思いました。娘も何回も見ていました。
お花見さんの一生懸命がここまできれいに治したんだと思います。
まだまだ早いかもしれないけれど、ご苦労様でした。お疲れ様でした。
お花見さんがママだったから、娘さんの痕はここまでこれたんだと思います。
私も、見習ってがんばります。

ブログ、娘は毎日見ています。
主人もなかなか娘の傷を見る機会がないので
(お風呂の時間には帰ってないので)
仕事中にこっそりブログで確認しているようです。






28 :お花見 : 2006/12/14(木)04:25
ぽぽろさんこんばんわ

ブログ拝見しました
私の場合は過剰な湿潤で上皮が遅れたと思っていたのですが
ぽぽろさんの写真を見ていると
逆に湿潤が足りなそうだなって思ってしまいます
デュオアクティブの貼りっぱなしで上皮してこないかなーって思ったり
でも大きさが足りないのでしょうか
素人判断なので聞き流してください・・・

温泉についての答え方はとっても
柿田先生らしい気がしました
お嬢さんとても頑張ってらっしゃいますね
うちの子の写真が励みになっていてくれるのであれば
こんなに嬉しいことはないです
今日写真をUPしましたが11月のようにはいきませんでした
これからまた変化するかもしれませんししないかもしれません






29 :お花見 : 2007/01/11(木)22:14
ぽぽろさんこんばんわ

じょくそうばっかりしか見つけられないのですが

http://www.dermatol.or.jp/QandA/bedsores/q11.html" target="_blank">http://www.dermatol.or.jp/QandA/bedsores/q11.html

フィブラストスプレーや
プロスタンディン軟膏はどうなんだろうと思ったのですが
柿田先生なにか言ってませんでしたか?

http://www.wound-treatment.jp/next/wound201.htm" target="_blank">http://www.wound-treatment.jp/next/wound201.htm

分かりやすくたとえれば,フィブラストは設計士,
線維芽細胞は大工さん,
コラーゲンは建材である。
設計士だけいくら増やしても,
大工さんがいなければ仕事は進まないし,
大工さんだって建材が無ければ家を作れない。
肉芽形成不良の部分にフィブラストを散布するのは,
砂漠の真ん中に設計士さんをヘリコプターで降ろして,
「ここで家を作ってね」と注文するようなものじゃないだろうか。
家を建てるなら,最低限でも道路が通っていないと建材も運べないし,
大工さんも来れないのである。

ってあるので
やっぱりじっくり待つのがいいのかもしれませんね

子供にやけどさせてしまったトピックの
205番にひかりさんのお子さんの経過なんですが
2月15日に受傷され5月の書き込みで腕に残った傷を
閉鎖療法で自宅療養中とあります
傷が塞がっていないということであれば
3ヶ月かかっているということになります




30 :お花見 : 2007/01/11(木)23:24
あと231番に
高カロリードリンクを飲んでいたとあります




31 :匿名希望 : 2007/01/12(金)17:42
ぽぽろさんへ
ぽぽろさんのブログ、拝見しました。
もうすぐ2ヶ月ですね。
私も火傷をしたとき、湿潤治療(うるおい療法,閉鎖療法 )の病院に行ってました。
V度のところは上皮化するのに3ヶ月かかりましたが、ある日、一気に良くなりました。
しばらくは変化が少なくて不安になるかもしれませんが、頑張ってください!




32 :ぽぽろ : 2007/01/15(月)18:28
お花見さんお久しぶりです。
いつもありがとうございます。
現状で先生の見解は、治癒が止まっている訳ではなく少しずつですが
前進はしているので、プラスチベース以外は使用していません。
停滞してきたら、ステロイドを使おうか。という事です。

匿名希望さん
上皮化に3ヶ月かかってしまったんですね。
その時はほんとに不安だったのではないかな?と思います。
今の私も、やっぱり植皮が正しい選択だったんだろうか?
ホントに上皮化なんてするんだろうか?
という思いと、待つしかないんだ・・・。という思いの中でホントに
耐えているという感じです。

匿名希望さんのおっしゃる「ある日」が1日でも早く来てほしいと思います。

でもあと1ヶ月や2ヶ月はかかりそうに思います。
春になって、気温が上がるとかゆみなども増えそうですね。

娘はほとんど真ん中全体がV度のように感じます。
範囲は10×15センチ位で周りから中心に向かって
上皮化するしかないのでよけい時間がかかるようにも思います。

匿名希望さんもV度の部位があるようで、火傷痕治療などされているのでしょうか?
ホントこの大変さは、なってみないとわからない辛さがあると思いますが
がんばるしかないですね! がんばれる事もあまり無いのですが・・・。

しかし、この亀さんペースに
なんだか、火傷を負っていなかった娘の腕がずいぶん昔のように思います。
あの一瞬さえなかったらとは、あえて思わないようにしています。

写真撮るのも娘はそろそろ面倒になっているようですが
上皮化の日を楽しみにがんばります。

お花見さん、匿名希望さんありがとうございました。





33 :匿名希望 : 2007/01/17(水)23:25
ぽぽろさんへ
上皮化を待つ3ヶ月間は不安もありましたけど、あまりに治癒が進まないので「一生このままでもいいや!」(ありえないけど)って開き直りかけていた頃でもありました。
時間はかかっても絶対に上皮化はしてきますから。
上皮化が一気に進んだ「ある日」は、10年ぶりの友人が我が家に泊まりに来た日で、とても楽しく過ごした日でした。
精神的なものもあったのでしょうか?
タイミングが良かっただけでしょうか?
分かりませんが―




34 :ぽぽろ : 2007/01/22(月)17:37
匿名希望さんへ
>時間はかかっても絶対に上皮化はしてきますから。
そうなんですよね。
今は信じがたいですが、かならず上皮化しますよね !!

>あまりに治癒が進まないので「一生このままでもいいや!」
(ありえないけど)って開き直りかけていた頃でもありました。

なんだかわかるような気がします。
痛みもそんなになく、たんたんと被覆材をかえる毎日に
慣れてしまいますね。
母親としてひどいかもしれないけど
今はそんなにあせってもいません。

傷跡の治療を覚悟しているので
ある意味「怪我」と言える今の時期のほうが前進する事がわかっていて
まだいいのかもしれないと思うことがあります。
傷跡の治療は今よりもっと、一進一退の治療のように思うんです。

最近は少し毎日に変化があります。
我が家はスーパー銭湯大好き一家なので
他の人がいる温泉にいける日が早く来ればいいなーと思います。
だ〜いぶん先だと思いますが・・・・。






35 :匿名希望 : 2007/01/25(木)20:56
「今はそんなにあせってもいません」って大いに結構、ですよ!
お母さんが気を揉んでも、精神的に負担になることはあっても、傷にとって良いことはな〜んにもないですよ。
なんてゆうか、火傷の治療って時間がかかるし、跡がコンプレックスになる可能性もあるけど、それを避ける最善の方法は楽観的に過ごすことだと私は思ってます。
その点、ぽぽろさんと娘さんは良い患者さん&その家族です。

傷跡も一進一退ですよ。
目立たなく見える日もあれば、すごく目立つ日もある。
でも冬から春に季節が移るときの様子を三寒四温って言いますよね?
そんな感じで綺麗に見える日が少しづつ増えて、癒されていくんです。
それでもやっぱり火傷跡は残りますけど、時間の経過とともに確実に綺麗になっていきます。




36 :ぽぽろ : 2007/01/29(月)16:30
いつもありがとうございます。
最近おむつ&ラップの娘は、元気に毎日縄跳び大会に向けて猛特訓しています
思いっきり腕を使うので、こっちのほうが怖いのですが、本人いたって平気で
2重とび60回も飛んでます。

我が家では人力でどうしようもないことは「しゃあ〜ない」
で済ます傾向にあるので、その血を娘も受け継いでいるんだと思います。
それでも、最近すこしづつ変化の兆しが見えてきて本人も嬉しそうです。
お風呂で、ふわふわ浮いてきた皮をとった!と着実に前進しています。
今は前に進むだけで、下がることはないけど匿名希望さんのおっしゃる
三寒四温の時期がくるんですね。
「とりあえず火傷跡の治療になったら、良いことはなんでもしてあげる!」
といい続けているので、先が判らないなりに安心しているのかもしれません。
やってもやっても、結果がついてこないかもしれないけど、そういうこともあるけど
努力することの大切さがわかればこれも一つの勉強かな!?とも思っています。
親が一生懸命やってれば、文句は言わないだろうという私の自己満足ですが。
火傷跡と、外見の気になる思春期とWパンチでしょうが・・・。
でも、年齢的にも状況的にも誰かのせいと言えないところで、家族で楽観できている
のかもしれません。せめてもの救いです。
後ろについて見ていればよかったとくよくよしてる暇があるのなら
早く温泉に行きたいねと笑っているほうが家族みんなの為になるような気がします。









37 : : 2007/03/03 (Sat) 23:53:00
ぽぽろさんへ
まだこちらをチェックされてるかな?
今日ぽぽろさんのブログ拝見しました。
すっごく良くなりましたねー!びっくりしました!あともう一歩ですね。

植皮された方の治療過程…確かに見てみたいですね…。
どのように治るのか、興味あります。
湿潤療法に関してはぽぽろさんのブログや新しい創傷治療のHPなどでイメージできますが、植皮に関するイメージは多くの人にとってブラックジャックの域を超えないのでは…。
結局、情報量が足りなくて、どちらの治療でいくか公平に判断を下せない以上、情報量が多い湿潤療法の方が、患者にとっては安心できる治療法だと言えますね。
百聞は一見に如かず、ですから。


29 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :